English | 日本語

History

2005

history1.jpg“海外で屋台からスタートして大きくしていく!”という志と、わずかなお金だけを持ち、日本人夫婦が、カナダ、バンクーバーに渡っていきました。
 毎日、毎日、色々な屋台に通っては屋台オーナーと話しこみネットワークを作り、そのうち1500ドルの中古車を購入し、屋台を$150、畳一畳の倉庫を$100で借してもらい、その数ヶ月後、路上のホットドックスタンドをOPENしました。
英語も全く分からず(今でも分からない…)、友達や知り合いが一人もいない、そんな状況で、毎日毎日トラブル続き。つまづいては立ち上がっての連続でした。しかし、たくさんの方々の温かいサポートをいただき、何とか運営していくことができました。

2006

OPEN2年目、この年はスタッフを一人も雇えずの運営でした。この年、子供も生まれ、朝から晩まで常に家族で3人体制。買出し行くにも、仕込みをするにも、お店にたつにも子供と一緒。そんな1年でした。ただ、1年目と違い、お客様が少しずつ増えて、お客様からたくさんの笑顔をもらえるようになりました。

2007

数人のメンバーが加わったJAPADOG3年目でした。メンバーが増えたものの、お客様も更にたくさん増え、朝から晩までの仕事は変わりませんでした。体力がなくなり次第お店をCLOSEする、という営業体制をとっていました。屋台の仕事は本当にハードワーク。握力がなくなってきたときがお休みの信号でした。
メニューも年々増え、より一層商品力が上がってきました。

2008

JAPADOGファミリーが5人に増え、更にグレードアップしてきました。屋台の元締めHideはこの時入社。毎年少しずつですが、ハリウッドスターもご来店いただくようになり人気が出始めてきました。”Best of Vancouver”として3年連続受賞しました。

2009

JAPADOGファミリー15名に。Noriko、Toshi、Akiはこの年入社しました。
屋台の2号店をOpen。夏場は海沿いに夏季限定の店をOpenしました。映画関係のケータリングや大学、企業からのイベント出店依頼も増えて認知度も広がっていきました。

2010

2月に冬期オリンピックが開催されました。JAPADOGでは2つの屋台を運営し、両店とも100名近いラインナップが続き、世界中のたくさんのメディアに取り上げられました。
その年、5月に屋台3号店がOPEN、同月、初の店舗型JAPADOGをOPENさせました。
この店舗型JAPADOGは長年の夢でした。今まで屋台の規制が厳しかったため、屋台では自分たちの提供したい商品がなかなか出せませんでした。そのため、早く店舗型のJAPADOGを作って、自由な発想で自分たちのアイデアを試したいと思っていました。
この時までのCityの規制との戦いは大変でした。

2011

history3.jpgトレーラー型JAPADOGをOPENしました。これでカナダ、バンクーバーで、屋台4店、店舗1店の5店になりました。たくさんの仲間が集まり、JAPADOGファミリー30名に。志が高く、本当に素敵な仲間たちに恵まれました。
JAPADOGの目標である「世界断トツNo.1のホットドック店を作る!」を実現するために、アメリカで一番大きな都市、激戦地であるNew Yorkに出店を決めました。
このNew Yorkの一号店は僕たちにとって夢の実現への第一歩であり、そしてまさに僕たちの夢が走り始めた証です。
まだ右も左も分からないヨチヨチ歩きのJAPADOGですが、これからも大きな志をもって取り組んで参りたいと思っております。
この社会に、夢とワクワク、Happiness を!

ご来店いただき、心よりありがとうございます!
We love JAPADOG!  We Love you!